産後の骨盤矯正ってなぜ必要

ネット予約
 


 
しんきゅうコンパス

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

産後骨盤矯正の必要性

出産時の持ち物に骨盤ベルト、骨盤ガードルなどありませんでしたか?出産前にホルモンによって骨盤が緩み産道を作り赤ちゃんが出てきます、産後骨盤は元の状態へと戻ります。しかし、なかなか左右、上下均等に戻ることは稀です。その為に骨盤ベルト、骨盤ガードルの出番なのですが、それでも産後の骨盤はゆがみます、なので骨盤矯正が必要なのです。そしてこのメカニズムは自然分娩だけでなく、帝王切開の方にもおこります。

骨盤がゆがんだままだと、生活に色々な影響が出てきます

骨盤矯正をする理由①

代謝が低下します。
「骨盤矯正ダイエット」という言葉聞いたことがありませんか?
これは骨盤を正しい位置へ戻して基礎代謝を高めダイエットにつなげるという方法です。つまり骨盤がゆがんでいると代謝が落ちるということです。
代謝の低下により、太りやすくなり、免疫が低下し、冷えなども起こります。代謝の低下は健康と美容の敵でしかないのです。
産後の慢性化されたゆがみと育児(抱っこに夜泣き)などのストレスによる新たなゆがみでどんどん代謝は低下していきます、育児が終わるころには更年期障害などということも稀ではありません。
産後痩せにくくなった、妊娠前のズボンが入らなくなったというママさんはたくさんおられると思いますがこれも骨盤のゆがみが関係しているのです。免疫が下がったり、冷えを起こしたりすると、痛みだけの問題だけではなくなってきます、早急に対処したいものですよね。

骨盤矯正をする理由②

第2子以降の悪影響

特に次のお子さんをお考えの方は、次の出産のために骨盤を整えて「安産骨盤」を作ることをお勧めします。
次の出産のために以下のメリットがあります。

  • ☑骨盤周囲の筋肉のバランスが取れていると力が入りやすい
  • ☑骨盤の開きが良くなり、出産時骨盤に無理がかからない。
  • ☑産後の身体の戻りが早く、体調良く、母乳の出もよくなる。
  • ☑筋肉に弾力が出るので、妊娠線がのこりにくい。
 

骨盤矯正をすることで、次の出産のリスクを減らすことができます。

骨盤矯正をする理由③

尿トラブル

女性の尿漏れは聞いたことがあるかもしれませんが、
出産後の骨盤のゆがみを放置しておいた結果、尿漏れ体質になってしまうことがあります。
出産後のゆがみが原因で骨盤底筋の弛緩がおき、そこに年齢的な筋力の低下が重なり尿漏れを起こしたり、骨盤が下がり気味になることで過活動膀胱を引き起こし頻尿、残尿に悩まされることもあります。
産後すくは大丈夫でも年齢を重ねるごとに尿漏れ体質になってしまうこともあります。そうならないためにも対策が必要です。