坐骨神経痛

ネット予約
 


 
しんきゅうコンパス

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

坐骨神経痛

お尻から足の裏側やスネ、足先に起こるシビレや痛み、マヒなどを坐骨神経痛といいます。
坐骨神経痛とは実は病名ではなく症状の名前なのです。
病名とはヘルニアや脊柱管狭窄症など、症状の原因が確定しているもの。
要は「坐骨神経痛」とは医師は原因不明で、下半身の症状がでているものを「坐骨神経痛」と診断しているのです。

坐骨神経痛

坐骨神経とは腰から走っている神経で、下半身の筋肉や感覚を支配しています。
坐骨神経は人体で最大の神経で、長さもかなり長いので障害がおきやすい神経のひとつです。

どんな時に坐骨神経痛になる病気

  • 椎間板ヘルニア
  • 変形性腰椎症
  • 梨状筋証拠群
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰、骨盤の関節の異常
  • 腰、骨盤の筋肉の異常

など

当院での施術

  • ☑病院で原因がわからず坐骨神経痛とだけ診断された方、病院で坐骨神経痛の原因の病名をつけられている方はそれが原因の場合もありますが、中にはその病名が原因ではない場合もあります。
  • ☑骨盤と腰、股関節がズレている可能性があります。(ちなみにレントゲンなどではわからないほどのズレでも症状が強く出ることがあります)

なぜズレがでると坐骨神経痛がでるのか?

みなさんホースを想像してみてください

ホースはねじってしまうとうまく水をまくことができなくなりますよね? 実は神経や血管もホースと同じで、ねじれてしまうとうまく血液や信号が送れなくなります。 その結果痛みやシビレ、マヒがでてしまうのですが、そのねじれを作ってしまっているのが、骨盤、腰、股関節の歪みであることがほとんどです。

  • ☑当院では症状が出ている下半身を中心に、鍼灸、手技にて周りをほぐし血流をよくしてから、ボキボキしないソフトな調整で腰、骨盤、股関節を整えて行きます。
  • ☑これは他の院ではあまりしていないのですが、坐骨神経痛の方はその痛みをかばうために前かがみになってしまっています。

そのため背中の筋肉も固くなっていて、その部分も柔らかくしてあげないと、また固くなって痛みがでてしまいますので、背中の施術もしていきます。

*坐骨神経痛で症状がつよい方は少し時間がかかりますが、これらの施術をすることで随分楽になりますよ

辛い坐骨神経痛をあきらめることはありません。 私と一緒に頑張りましょう! もしピンと来た方はいますぐお電話ください!